親子で日本語奮闘中☆海外田舎子育てブログ

がんばらないけどあきらめないをモットーに続ける日本語家庭学習のキロクです!

今日の漢字『議・説』

こんな漢字を4年生で習ってたんだ!って毎回思います。

今日の漢字の会議の議。説明の説。訓読みだと説くですが、説く。。。の説明が難しくて、説明するの説。ということにしました。ドリルの例文を読んでも、解説員、説得力など難しそう。会議も例文にはなくて、議題、議長、議論。これを日本語で説明するのは、難しい〜。でも、そう思ったのは私だけで、息子はこの2文字の漢字を抵抗なく受け入れた様子で、少し拍子抜け。

 

初めて、自分からもっと読みの練習をしたい。と言い出し、こちらはびっくり。役割を交代して、息子が漢字カードを読みながら机に広げて、私がカードを取りました。

 

いっぱい褒めて、2年生の漢字の復習。

 

矢と刀。例文の先っぽに戸惑っていました。先生の先(せん)と覚えていますが、先(さき)という読み方が出てこない。以前読んだ本に、将来混乱しないように、漢字の読み替えは、いつでもどこでもチャンスを見つけて、使い分けの訓練をしましょう。と書いてあったことを思い出します。こればかりは、根気強く、繰り返すしかないですね!