親子で日本語奮闘中☆海外田舎子育てブログ

がんばらないけどあきらめないをモットーに続ける日本語家庭学習のキロクです!

子供の習い事辞め時。。。

子供の習い事には親の送迎が不可欠。特に田舎は、公共の交通機関がないので、親頼みです。

うちの子も、習い事をさせていますが、本当に好きで習っている感じではなさそう。。。親に言われて、ちょっと習ってる。って感じがプンプン匂ってきます。

 

習い事をさせると、親の負担(送迎)が増えるので、私の本音は何も習わず、家でゴロゴロ大賛成。日本語と宿題で十分時間も過ぎてしまうし。なんて思っているのですが。

 

今朝も、習い事の準備を学校に行く前にしておいてね!って言っただけなのに、急に不機嫌になり、言った私がすごく嫌な気持ちになりました。

もう、準備もするのも嫌なら、辞めちゃえば!って言葉が出てきそうになるのをぐっとこらえました。

 

要は、私がこの習い事に興味がないのだと、気づきました。

もちろん、1番は子どものパッション。子どもが習いたくて仕方がない。その習い事が好きで好きで仕方がない。親が言う前に練習をしたり、準備をしたりする。そんな状況なら喜んで私も送迎します。

もしくは、親がその習い事を子供にさせたい強い気持ちがあれば、喜んで送迎するのでは。(もし、これが日本語学校であれば私は、必死になだめすかして、送迎します。苦手な運転も、頑張る自信があります。)

 

でも、親子共に、習い事にそこまでの興味や熱意がなかったら。。。これから冬を迎え、雪の中の送迎をしたいと思わないし、夜道のハイウェイをわざわざ運転するのは面倒だという気持ちが先立ってしまいます。

 

親が送迎する。という負担がかかるので、子供の習い事に親である私がモヤモヤしてしまうのでしょうね。勝手に子供が習い事に行って帰ってくる場合、きっとこういうモヤモヤは少ないのでは。むしろ、親の自由時間が増えてラッキー☆くらいかも。

 

今までの習い事も、期間終了や先生の事情で気がつけば辞めていたケースが我が家では多く、できれば長く続けるに越したことはないのでしょうが、親子ともに熱い気持ちがなく、なんとなくダラダラ続けるのもどうかと悩む毎日。

 

今すぐ辞めたいくらい嫌がっている様子はないようですが、このままダラダラ続けるうちに、本人のやる気が芽生えてくるものなのでしょうか。

 

日本語に関しては、継続は力なり。と強く思うことができるのですが、習い事に関して、そう思えないのは、やはり親子共に、強い気持ちがないからなのでしょうか。

 

目標を決めて、それに達成した時が辞め時?

 子どもの習いごとの辞め時。。。見極め方が本当に難しい。

 

benesse.jp

 

 

 

お片付けパート2

子供の片付けについて調べてみました。小さい子ども向けではなく、小学生の子ども向けで調べてみましたが、とっても参考になる記事を見つけました。

 

oyaryoku.blog.jp

 

本当に必要なことだけする。

できたら大いに褒める。

片付けが叱る材料にならないように!

特に、親がやり始めたことを忘れ、思い出した時に感情的に怒ってしまい、失敗する。本当にその通り。。。我が家もこれの繰り返し。習い事の練習や、お手伝い、宿題のルーティーンを一緒に決めたのに、こっちが忘れてしまって、声を荒げること数回。

記事にも、これが子育てが失敗する最大の原因とありました。全くその通り!

 

日本語もそうですが、親も子供も負担になってしまうと、本当にロクなことが起こりません。負担にならないように、本当に必要なことだけ、少しづつ進めることに大賛成!

 

日本語は、負担にならないように、ハードルを下げた結果、なんとか細々と続けることができています。4年生の漢字は、完璧ではありませんが、それでもゼロよりましだと思っています。

 

継続は力なり。この言葉を信じるしかありません!

 

 

 

 

 

お片付け

部屋が汚い。。。埃がたまった机の上を見るたびに、片付けを促しますが、『わかってる!』『後で』とかわされてしまいます。

 

親が言うだけでは、全く動かないことはわかっています。だから一緒に片付けしてあげたほうがいいこともわかっているのですが、なかなかその時間が取れそうで、取れない毎日。後回しにせず、カレンダーに印をつけるとか、タイマーセットすればいいのですが。。。

 

一緒に片付けの練習をして、その内に自分でできるようになってくれることが理想なのですが。

 

いっそ、私が片付けしたい!でも、これって子供にはよくないのでしょうね。

 

今日の漢字『不・飛』

4年生の漢字、細々と続けています。

今日は、不自由の不。飛行機の飛。ドリルの例文に戸惑っている様子が気になっていたことと、ちょっと時間があったので、例文を私が作ってみました。

なるべく、身近な話題に関連できる様な例文を作ったつもり。

1、水が使えないと不自由です。→我が家の井戸水の水質調査をしたところ、飲料水には適さない数値だということが判明。すごく愛想の悪い業者さんが来て、漂白剤で消毒してもらいました。48時間トイレ以外は、水を使わないで。とパンフレットに書いてあったので、洗濯も食器洗いも手洗いもできず、不自由な時間を過ごしました。私には不自由でしたが、子どもにはそうでもなかったようです。

 

2、グースバンプスは、不気味な映画です。→この手の映画が大好きで、公開中のグースバンプス2が観たい。と週末が来るたびに、催促されています。

 

3、飛行機で日本に行きます。→飛行機という言葉は小さい時から聞いていますが、飛ぶって漢字が4年生で習うんですね。

 

4、飛び出す絵本はおもしろい!→本当は、横断歩道の横に書いてあるような飛び出し危険!にしたかったのですが、ちょっと分かりにくかな。って思い飛び出す絵本にしてみました。

 

思っていた以上に反応は薄く、母は少し残念でした。でも、しばらく例文作りを続けてみます。ドリルの例文よりは、頭の隅に残ってくれるのでは。という淡い期待を胸に。

 

 

怖い夜の運転

久しぶりに、車で夜道を運転しました。

今週から冬時間になり、先週と1時間違うだけで、こんなに運転しづらくなるなんて。

とにかく運転に集中。話しかけられても、答えることができないくらい気が張りつめています。白線に焦点を当てて、ただひたすら運転するのみ。しかも、田舎道の暗闇。街灯もありません。ハイビームを使っても、もう緊張と焦りで、なんだか訳が分からなくなってきてしまいます。(自動ハイビームなんていう便利な昨日はありません!)慌てて、ウィンカー出したり、本当に無茶苦茶です。。。

しかも、高速道路なので100キロは出しています。後ろのピックアップトラックのライトが眩しくて、これもまた私の気持ちを意味なく焦らせます。

しかも、雨が降ってきて、さらにパニック!雪のシーズンがこれからくるというのに、本当にこんなことで、冬を乗り切れるのか。私自身も不安でいっぱい!

 

毎週、同じ時間に運転しているいつもの道なのですが、暗いというだけで本当に運転することが億劫になります。

夏時間は、気持ちの良いドライブが一気に嫌なドライブになりました。

もともと、車の運転が苦手な私は、この夜道の運転が特に嫌いです。でも、どうしても運転しないといけない状況。。。ああ〜考えただけで胃が痛い。

 

夜の運転。。。しかも田舎。慣れしかないのでしょうが、慣れるのかしら。。。

 

 

オプションB 〜逆境からの回復力〜

夏休み中に、友人のオススメの1冊ということでこの本を知りました。

読みたい本を日本語ですぐに読めないのが海外在住のちょっと残念なところ。でも、偶然に寄った図書館で、この本を見つけました。英語で読むことには、強い抵抗がありますが、興味の方が大きく手に取って、読み始めました。

突然、最愛の伴侶を亡くした場面に目頭が熱くなりました。今、隣に夫がいることが当たり前で、いなくなるなんて、考えたくありませんが、そういうことが突然起こった時、どうやって回復していくことができるか。オプションBを選ぶことになった時、逆境の乗り越え方を指南方法を本を通じて教えてくれるようなのですが、想像しただけでも、どうやって乗り越えれば良いか。。。乗り越えることができるのか。。。とにかく、最初の1章を読んだだけで、私の心はとても動揺してしまいました。

そして、自宅に戻って近くの図書館に行き、続きを読もうと調べてみると、電子書籍のみの取り扱いのみ。古いタイプと言われても、紙の本がしっくりくる私ですが、ここでも興味の方が強く、電子書籍の予約に進みました。

待つこと、3ヶ月。39人の人たちが予約している中、私の順番はまだ20番目。これって、予約した時から全然変わってないのでは!?同じ電子書籍なら日本語で購入しようかと迷っていたところ、違う図書館で見つけることができました。しかも紙の書籍です!迷わず、借りて寝る前に読むことにしました。

 

日本に住んでいた時にも、思いもよらない出来事が起こっていたのかもしれませんが、こちらに引っ越してからは、オプションBを選ぶことが本当に多いと実感しています。そういう意味では、本書にあるように知らないうちに逆境に負けない力が鍛えられているのかも。ただ、年齢を重ねて厚かましくなっただけかもしれませんが(笑)

 

 

 

 

 

漢字再び

漢字(日本語)辞める宣言をされ(なんどもされていますが。。。)今回ほどの大きな親子間の溝は、もう埋まらないかも。。。と本の少し心配していましたが、一昨日ついに和解。今日からまた漢字ドリルをすることになりました。

4年生の漢字は、例文を読むことで合意。でも、この読みがイライラを起こす原因でもあるので、負担が軽くなればと思い、まずは母が読み、その後を子どもが読むことに。

とにかく、私が読んだことをそのまま覚えて声に出しているみたい。ある意味、文章を見ずに耳だけで覚えて口にするってすごい(笑)短い文章ですが、完全に覚えるとなると、少し難しいので、最後は意味が合うように自分で言葉を変えていたり。でも、文章の内容はほぼ合っています。

本当は、もっと漢字の成り立ちや意味などのウンチクを話したいのですが、とにかく短い時間で早く終わって欲しいオーラー全開なので、ぐっと言葉を飲み込みました。

 

そして、今日で2年生のうんこドリルが終わりました。

 

半分以上、やっつけ仕事でマスターしたわけではありませんが、それはもちろん言いません。本人は、もう永遠に2年生の漢字が続く(涙)って思っていたそう。実は、3年生のうんこドリルも買ってあるのですが、それはまた後日機嫌の良い日を見て話すことに。とにかく、2年生のうんこドリルが終わったので、ご褒美を渡すことに。

 

夏休み中、ずっと読んでいた大好きな本。しばらくブームが去ったのかな。と思っていましたが、やっぱり新刊が出たらすぐに読みたいみたい。と本人からの大リクエスト!

 

今週末は、読書の秋になりそうです。